« 日本人なら日本を守れ!選挙のためか?国民のためか?どっちなんだい | トップページ | 脅しに屈することなく頑張れ!!国を失ったら終わりだ!! »

2008年12月19日 (金)

政治家も、官僚も、銀行家も、資本家も、日本を護れ!崩壊への時間が早まっている。

私達は2005年から、今の状況が来ることを憂いて情報を発信し続けてきた。
世界に散らばる私達を支えてくれているエージェント達は、闇の世界から世界と日本を護ろうと、日々奮闘している。
私達以外にも、アメリカの五芒星にターゲットにされながらも、多くの人々が奮闘している。
その信頼出来る情報から、今日は話そう。

フリーメーソンによる、『サイバー・テロ』を装った自作自演が発動した。
メーソンは、アジアの某2ヵ国からアメリカに向かって自作自演のサイバーテロを行った。
アメリカ経済崩壊の仕上げとアメリカの内乱誘発のためだ。
アメリカがこんなものを喰らえば、日本もただでは済まない。
このサイバーテロには、アメリカの五芒星が関わっている。
此処では詳細を話せないが、連中のもくろみと予定が外れた事は伝えておこう。

でも安心は出来ない。
奴等は、また直ぐ次の手を考えて打って来るだろう。
今回のサイバーテロは、来年の頭に起きるのでははないかと思っていたが…、連中は間違いなく焦っている。
2012年までに どうにかしようと、こだわっている。
既に日本も世界も、足下から危ないのだ。
それが一般的にはほとんど知られていない。

その中を、黒子になって、自身の存在をかけて守りの盾となって踏ん張っている者達がいる。
名前を売ろう、賞賛されようなどと微塵も思っていない。未曾有の幕が降りた今、ただ黒子のように愛するこの国と人々の盾になるだけだ。
フリーメーソンやイルミナティーが、ただの陰謀論だったらどれほど良いかと私も思う…。
誰も連中にマークされることもなく、危険な目にも遭わずに済んだだろうに…。

私達がいかに注意を促そうとも、また情報を発信しようとも、その度に壁となってきたのは、人々の『他人の痛みに無関心な心』だった。
GHQ の労働課長であった T ・コーエンが、
「日本の革命占領政策は、日本民族のフリーメーソン化、家庭の崩壊、世代間の断絶、国民の無気力化に眼目をおいた」と言った通り、
この国の民は誇りを失い盲目にされてしまっていた。
このままだったら、この国は滅んでしまう。
国が滅んだら国民はどこへ行くのか?連中の計画通り、家畜人間として支配されるしかない。
去年までの平和ボケはもう出来ない。
来年になったら更に厳しくなるだろう。

■<雇用法案>参院厚労委で可決 野党が提出、与党は反発
2008年12月18日 19時28分 ( 2008年12月18日 22時56分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

■ソニー社長、人員抱える体力ない 業績低迷で
2008年12月18日 18時46分 ( 2008年12月18日 19時16分更新 )Excite エキサイト : 経済ニュース

国民はみな、自分達を本気で守ろうとする者を見殺したりはしない。
だがね、国民を裏切ったら、必ずそのしっぺ返しは来る。

政治は、政治家や官僚の既得権益と資本家や銀行家連中の為だけにあるんじゃない。
日本の政治は、国民一人一人のものだ。
なのに、国民の代表だとのたまいながら、税金から給料を貰っていながら、国民と国民のお金を利用し、自分の政治生命やら自分の利益しか考えていない者達ばかりだ。

もう二度と国民の知らない所で、国民と国を滅ぼす政策や法案を通らせてはならない。

人を他者を見下す高慢や傲慢にし、分裂分派を起こし争わせるのは、闇の連中が用いる手法だ。
フリーメーソン連中は表向きは争っているように見せるが、裏では繋がっている。これも連中が当たり前に使う手だ。
例えば中国によるアジア統一が目的なら、日本が領海侵犯されてもアメリカは動かない。
領海侵犯されたら、今回のように、日本はきちんと再発防止を要請すべきだ。
しかし、敵対視したり憎む事は違うと思う。
私は特亜を敵対視し憎んだら、それこそ連中の思う壺だと確信している。
特亜と日本が勝手に戦ってくれたら、連中にとってこれほど都合の良いことはない。
現にその動きがある。
争いは国の滅びを招く。
争って喜ぶのはフリーメーソンとイルミナティーだけだ。
私達が怒るべきは、この国を滅ぼそうとする国益と国民を無視した売国奴政策であり、既得権益にしがみついて、この国と国民を食い物にしている連中に対してだ。

いいかい、この国の政治が本当に良くなるには、争うことでは絶対に解決しない。
それよりも国民一人一人がその手に政治をしっかりと握ることだよ。
無駄だと諦めることは何もない。
フリーメーソンの目的は『支配』。
連中が一番恐れることは、政治の主導権が実は国民にあると言う事を国民に気付かれる事なんだ。
だからこそ連中は長い時間をかけて愚民化政策をとり、国民を無気力や無関心にして、自分達は無力だと諦めさせ、政治から遠ざけているのだから。

政治家が、本当に国益を考え、国民のために政治を行っているかどうか、選挙時の公約を果たしているかどうかは、国民一人一人が厳しく政治家をチェックしていけばいい。
先ずは、一人一人が自分の生活に直結している政治に関心を持ち、マスコミの情報を鵜呑みにせず、ご近所や職場、学校で話題にし、
おかしいと思ったら、常に声を上げることだよ。
本当の民主政治のために、国民には既に力があるという事を、どうか忘れないで欲しい。

さて、議員の皆さん。
政治生命を守りたかったら、メーソンの言うがままの言論統制を解除した方がいいね。
国と国民を愛し護るなら、国民があなた方を必ず守るだろう。
麻生首相、今回あなたを護ったのは国民だという事を忘れてはならない。

F0196199_5104545


Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2008-12-19 05:19 | 気になるニュース

|

« 日本人なら日本を守れ!選挙のためか?国民のためか?どっちなんだい | トップページ | 脅しに屈することなく頑張れ!!国を失ったら終わりだ!! »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事