« 香ばしいメーソン臭がプンプンの、納税者番号制度とアジア共通新基軸通貨 | トップページ | 国を滅ぼすメーソン議員と反メーソン議員の二極化進行。Hotter Than Hellが幕を開ける »

2009年1月27日 (火)

お知らせ


※在日特権に絡む記事引用についてのお詫びとお知らせ※


1月24日にアップした記事で、在日特権に絡む記事を引用致しました。

私達は、差別や反特亜を生むのが意図ではありません。
また、その引用記事を資料にして、粗雑で低俗な結論を導き出したと思われるのも心外です。

在日特権の記事引用について、知りあいである在日の方に確認した所、『そういう人達もいる』と言う事であったので載せましたが、
全ての在日の方達が600万もの生活保護費を出されているような誤解を招き、一般の在日の方に対する間違った差別を助長しかねないので、その引用を外しました。
ここにご報告と、誤解を与える記事の引用を心からお詫び申し上げます。

但し、日本国でありながら、日本の国民を護らず、日本の国民を無視した政治や政策などには、今後も異議を唱え続けていきます。

訂正記事は以下です。
怒れ日本人!日本国潰しに必死な、売国毎日新聞の記事とマスゴミ

2009年1月27日 女狼(Mellow)

F0196199_2594519_3

また、特に民主は、「埋蔵金」から出される定額給付金について大反対しているんだから、税金から出されている在日の人達に支払われる生活保護件数と金額が年間いくらになっているのか把握して、国民にそれをハッキリ示すべきだと思う。
それを踏まえて、苦しんでいる国民への2兆円が高いのか安いのか言うべきだろう。
定額給付金については、様々な意見があろうが、
小泉改悪以降今まで、苦しんでいる国民が無視され、何の手当もないから、せめて定額給付金を受け取っても良いではないかと思っている。

先日話した心筋梗塞で倒れた知人だが、後日談を載せておこう。
裁判所からは、自己破産の認定がまだされていない。
心臓病は障害者手帳が貰えるとの事で、役所に障害者手帳をもらいに行き、1級の認定は受けたものの、 1年6ヵ月経過しなければ障害認定されず、障害年金がもらえなくなっていた。
一番必要な時に、救いがないのが現状だ。
だからこそ私は、定額給付金であろうが、置き去りにされた国民の手にお金が渡る事が必要だと思っている。

2兆円在れば老人ホームが何件も建てられる、家が何件も建てられる、2兆円在ればあんな事やこんな事が国として出来る と言って反対している人達は、どうか、その定額給付金を自治体でも、厚生省でもいいから、その為の費用にと言って寄付して欲しい。
マスゴミと民主が出す“世論調査”で定額給付金に反対している80%近い人達は、どうか自分のために使わないで、一回貰って寄付という形で国や自治体に戻して欲しい。
そうすれば望み通り、介護問題でも、雇用問題でも、その戻されたお金で2兆円在ればと言っていた様々な事が、反対80%=1兆6千億で出来るはずだ。


年間3万人以上の人々が自殺している。
餓死している人もいる。
12,000円のお金があれば、助かる命があるんだ!!


Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2009-01-27 14:29 | 気になるニュース

|

« 香ばしいメーソン臭がプンプンの、納税者番号制度とアジア共通新基軸通貨 | トップページ | 国を滅ぼすメーソン議員と反メーソン議員の二極化進行。Hotter Than Hellが幕を開ける »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事