« 怒れ日本人!日本国潰しに必死な、売国毎日新聞の記事とマスゴミ | トップページ | お知らせ »

2009年1月26日 (月)

香ばしいメーソン臭がプンプンの、納税者番号制度とアジア共通新基軸通貨

納税者番号制度。
これはイヤだねぇ。
そのうち、これらの情報を元に、国民にICチップやらマイクロチップを導入!とか言い出すんじゃないだろうね。
本気で吐き気がしてきたよ。
このため自民党PTは、すでに同様の制度を導入済みの欧米での利用実態を調査。だって?
■<納税者番号制度>自民が月内にもPT設置 導入へ本格論議
2009年1月25日 02時30分 Excite エキサイト : 政治ニュース

政府が導入しようとしている納税者番号制度は、全国民に番号を割り振り、給与と株式など金融取引で得た利子収入などの情報を一括して管理するものだ。
オイオイ止めて欲しいねぇ。
こんなものを導入された日には、国民を弱らせるための計画がメーソンによって簡単に実行出来ちまうじゃないか。
それに、国民一人一人の財産を、余す所無く国が握り、情報を管理する事で、メーソンの金儲けに一役も二役も買って、勤勉な国民をメーソンを太らせる金稼ぎのための家畜にする気かい。
お前達、またこの国を、メーソンの為のモデルケースにするつもりなのかい!
おまけに、もう一つ解ったよ。
なるほどね、どうりで外資の保険金融の事を書いたら、身辺が騒がしくなったわけだ。

メーソンに支配されているアメリカがどんな状態か解っていながら、自民がこんな事を言ってるなら、たいしたもんだ。
今までの日本はこうだ。

日本はアメリカの植民地と化していて、
アメリカに富を送るドル箱になっている。

日本に富が貯まると、必ず円高になる。

日本政府が為替介入をする。

アメリカに富がごっそり流れていく。

信頼しているあるサイトでは、こう言っている。
米ドルなど日本が買い支えなければ当の昔に紙切れになっていたのですた。
今までそうやって、富を帝国(アメリカ)に循環させてきたのです。
日本のサラリーマンが文句も言わずに必死に働いたお金が
一定のサイクルでアメリカ帝国に流れる仕組み。
今まで日本人がいくら働こうが何だろうがそれほど裕福にならないのはこのためなのですた。まぁわざわざ書かなくとも常識かと思いますが。
普通なら、これほど働けば、40歳で定年して後は遊んで暮らせるぐらいの資産はたまっているものなのですた。

他の信頼しているサイトでは、こう警鐘を鳴らしてくれている。
国際的な金融業者がもっとも熱心に求める独占は、一国の通貨に対する全面的な統制である。

イルミナティー・フリーメーソンを知っている者達なら、連中の計画が
まず世界を、ユーロ、アメーロ、中国を中心としたアジア統一通貨の3地区に分けて支配する。
そして局地的な戦争を起こしながら、
最終的にはEUを中心とした(私はその中でもドイツが中心になると考えている)世界統一政府に持って行こうとしている事だと言うのは、もうずっと以前から知っている。
(危険な中、その為の警鐘を勇気を持って鳴らし続けてくれる人達がいてくれる。多々感謝…。)

私達は、アメリカは既にフリーメーソン・イルミナティの為のアメーロの準備と、アメリカ新政府FEMAの準備が出来ていると確信している。
日本の政府は<納税者番号制度>と同様の制度を導入済みの欧米での利用実態を調査すると言う。
メーソンの社会は、メーソンによって国民が管理される、「国民を監視する社会」だ。
そんな中、更にこんな驚きのニュースが飛び込んだ。


民主党「中国などと連携して、アジア共通で新しい基軸通貨を作っていきたい」
■インタビュー:急激な円高には介入必要=民主「次の内閣」財務相■
2009年 01月 23日 14:04 JST ロイター
[東京 23日 ロイター] 中川正春・衆議院議員(民主党「次の内閣」財務相)は23日、ロイターとのインタビューで、急激な円高については介入が必要との考えを示した。

 一方で、介入に伴う米国債・ドルの保有リスクを考えると、他の方法で構造的に円高緩和の方法を勉強する必要もあるとした。

 中川氏は「円高は放置すると厳しさが増幅されて国内経済に響く」と述べ、「(円高進行が)急激な時には、円高のペースを和らげるためには直接介入もしないといけない」とした。

 ただ、「これ以上米国債・ドルを持ち続けるのはリスクが大きい。介入するとドルが増え、リスクが大きくなるので、いろいろ工夫しないといけない」として、一般的には介入そのものに対して慎重な姿勢を示した。

 こうした考えにたって「1ドル90円台、80円台に定着するのはいびつで、円の価値が上がっているのではなく、円しか資金の行き先がないという状況」だとし、これ以上の円高が続くと「日本の経済はもたない」と述べた。そのためには、介入だけでなく、構造的な方法で円高を和らげる方法を党内でも勉強しなければいけないとの考えを示した。

 ドルの基軸通貨としての将来の見方については「アジア共通バスケットなどで新しい基軸通貨を作っていきたい。中国などと連携しないといけない」と述べた。
 (インタビュアー:西川洋子)

■民主党の財務相・中川正春衆議院議員の活動■

・民主党娯楽産業健全育成研究会の会員。 また、パチンコチェーンストア協会政治アドバイザーであり、パチンコ業界と強い繋がりを持つ。
・消費者金融業界の政治団体である「全国貸金業政治連盟」(全政連)から政治献金を受けていると日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」で伝えられた。
・2008年1月、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加。
・民主党日韓議員交流委員会副委員長

とある。

民主が政権を取れば、売国奴政策と在日万歳の、在日特権推進派であるこの中川正春が財務相になるようだね。
「これ以上米国債・ドルを持ち続けるのはリスクが大きい。介入するとドルが増え、リスクが大きくなるので、いろいろ工夫しないといけない」と言ってるが、アメリカ債を一番多く持っているのは中国じゃないか。
その中国と連携だって?
日本をどこまで落とす気だい。
このやり方は、ロスチャイルド・フリーメーソンのやり方、そのまんまじゃないか!!
しかも、アジア統一通貨だなんて、ズバリ連中の計画そのものじゃないか。

まったく、なんだいこれは。
えらく良いタイミングで、両者揃って出してきましたな。
今になってもまだ国民を護ろうとせずに、納税者番号制度だ事の、中国などと連携してアジア共通で新しい基軸通貨を作っていきたいだ事の、次々と出てくるのは驚きだ。
こんな一大事に、まだ国を売る連中がゴロゴロいやがる。
自民も民主もメーソン万歳連中ばっかりだって事が、益々よーく解ったよ。
いいや、自民・民主ばかりじゃない。既存の政党と政治家は、メーソンだらけだ。
此処まで来ても、国民を護るつもりがなければ、伸びきった毒麦は刈られるしかないようだね。
国民を騙す事は許さない。

F0196199_22505391

■フリーメーソン・イルミナティの戦略【双頭作戦】■

ところで前から書こうと思っていながら、書き損ねていた事があるんだ。
それは、メーソン連中って言うのは、これまでも長い歴史の中で、敵と味方に分かれて争っていながら(それを利用して)、結局は自分達の計画を遂行させてきたって事だよ。
人民には敵・味方に見えても、実は物事を連中の意のままに運ぶために、わざとそうしている事もある。
どっちに転んでも良いようにね。
以前紹介したシオンのプロコトールにもあるんだけどね、プロコトールよりも解りやすく説明されている記事があるから、私の駄文よりこちらを紹介しよう。
さて、まぁ、金持ち喧嘩せずと言いますが、人間、不況になると 心の奥底に隠していた憎悪がむき出しになるというものです。

そして、重要なのは、奴らの手口というものを研究すれば分かると思うのですが、人間の争い、お互いに憎しみ合うというのが奴らの大好物です。
ですから、革命を起こそうとか、今の政府をぶっ倒そうとか、そういう
思想は奴らに利用されるだけなのです。
いつも言っているように、奴らは双頭作戦を使います。
敵と味方に入り込んで、ヤラセの紛争を繰り返して徐々に自分の望む方向にもっていくのがお決まりの手なのです。

たとえば、ある市民団体があったとします。
政治団体でも宗教団体でも、たとえば下水処理場反対グループでも良いし、
マンション建設反対でも良いので市民グループがあったとしたら、
その中にも奴らは入り込んでくるのです。

実は反体制派の急先鋒は、体制側の回し者だったりするのです。
たとえていうなら、
マンション建設反対派の急先鋒は、マンションディベロッパーの回し者だったりするということです。
そうやってヤラセの紛争を繰り返すのです。
ですから革命グループなどを作ったら最後、奴らは必ず入り込んできます。
そして、その革命グループの最初の目標であった、理念は失われ
内側からのっとられてしまうのです。
このような手口は昔からあるのです。

たとえばフランス革命というのは、もちろん奴らが後ろから強力にバックアップしました。
革命勢力をバックアップするなど、良い者のように思えますが
事実はまったく逆です。
自由(フリーダム!)ということを叫んでフランス革命がおこしましたが、
そんなのはウンコ話です。
だいたいからして世の中に完全な自由(フリーダム)などということはないのです。
むしろ農民たちを守っていたのは貴族階級だったのです。
フランス革命において、ギロチンで首を切られたのは、いままで必死に
農民を守ってきた貴族だったのです。
それまでは良心的な年貢だったりするのです。

マリーアントワネットがパンがなければお菓子を食べれば良いじゃないか。
などといったとか言わないとか、そういう話はまったくの作り話です。

良く調べればわかると思いますが、マリーアントワネットは浪費家でも何でもないのです。
むしろフランスはアメリカ南北戦争の戦費をせっせと送っていて苦しくなったのですた。
マリーアントワネットがドレスを何着買おうがそんなものは大した経費ではないのです。

とにかく市民革命というのは、いつもその結果は悲惨なものです。
市民たちは、その後訳も分からない新たに出てきた資本家という階級の人たちに、
もっとひどい扱いを受けるようになってしまったのです。
自由を夢みて戦ったのに、いざ革命が終わってみたら、
貴族よりもっとひどい資本家にそれまでの倍以上の年貢を取り立てられるようになってしまったのです。

つまり奴らの狙いは貴族をぶっ潰して、自分たちの奴隷を増やしたかっただけなのですた。
そこをまんまと乗せられてしまったのですた。

ですから革命などというものはやるものではないのです。
争いがあるところに、必ず奴らが味方としてやってくる。
あまい囁きをするのです。お金貸してあげるよ。資金協力しますよと。武器を供給しますよ。
などと。

日本の歴史でもそうです。幕末もそうですた。
奴らは幕府にも手を貸したし、薩長側にも手をかした。
武器弾薬を供給してあげます。資金も供給します。
やつらの狙いは、日本を内乱にしてお互いに争わせ国力を疲弊させ、
国自体をのっとるつもりだったのですた。
それに気づいた人たちが日本を守った。

NHKで篤姫やっていますたね。
篤姫や皇女和宮は、本当の幕末のヒーロなのです。
結局争わずに大政奉還し奴らの日本内乱計画を防いだのですた。


「日本の民が領主に理不尽や不公平に扱われて不幸だった」と言うのもウソだ。
だからといって、天皇制やら君主制に戻せと言っている訳ではなくて、
メーソン連中がエージェントを使って人々を常に争わせ、支配の道を広げてきた事をよく考えて欲しいんだ。
連中は教科書の通りに計画を遂行しようとする。
メーソン連中のやり方は、毎度、万国共通のメーソン専用教科書に則って行うから、一定の法則や流れ方があるんだ。
口できれい事を言って、新しい時代を作ろうとか平等を訴えながら、連中は人々を利用しているに過ぎないんだよ。
計画が実行され、人々を従順にして支配し、利用するためにあらゆる手段を尽くすのが連中だ。


■フリーメーソン・イルミナティの戦略

【フォルクスシューレ】■

この記事に、私の下手な説明はいらないね…。
さて、日本の教育ですが、実をいうところ、
日本の義務教育というのは、ナチスドイツのフォルクスシューレという教育手法を参考にしているというのはご存じでしょうか?

皆様は、子どものころ、何も悩みのない時を過ごしていたのに、
学校に通いだしてから、悩むことを覚えた。
今まで基準が自分だったのに、何か客観的な基準が世の中にあり、
それに合わせて生きなければいけない。
自分はまだまだ未熟だ。がんばらねば、などという意識に作りかえられているはずです。

権威主義というのは、自分の中に権威があるのでなくて、外の世界に権威があると言う考え方なのですた。

実際はまったく逆です。
権威とは、妄想であり、これからは自分の中に基準を持つようにして下さい。

あなたの人生の支配者は他人の評価ではなく、自分が楽しいと感じるか感じないか。
他ならぬあなた。あなたの人生の支配者はあなた自身。
他の人の言葉、行動、そういうものはすべて幻想で、妄想です。
権威と思っていたのは砂上の楼閣なのです。

世の中はつらいところと言いますが、自分でつらくしているだけなのですた。
前にも書きましたが、奴ら(フリーメーソン・イルミナティ)は、世の人たちにせこせこと働いてもらわねば困るのです。
お互いに憎み合って競争してもらわなければ困るのです。

だから毎年GDPなどという訳の分からない指標を持ち出して経済成長率などということを言うのです。そんなものが増えたところで、なんだというのでしょう。
普通に、衣食住が整えば良いではありませんか。
そこが奴らのトリックだと気付かねばならないのですた。


かつて日本の教育改革を担当したGHQの役人は、こう豪語したそうだ。
「日本の教育を変えて、今後は天才が出ないようにします」

戦後、彼らが押しつけてきた教育プログラムの要点は、次のようなものである。

第一に、白人の対する徹底的な劣等感を植え付けること。
第二に、アメリカは素晴らしい国だと信じ込ませること。
第三に、自分独自の意見を作らせないこと。
第四に、討論や議論を学ばないこと。
第五に、受身のパーソナリティを作ること。
第六に、一生懸命勤勉に仕事させること。
第七に、目立つ人の足を引っ張ること。

-------------------------------------------
そうです。まさにこれです。フォルクスシューレの手法は、
まず、今までその人が築いてきた人格を一度完全に否定して、新たな価値観を植え付けるというものです。

お前はダメなやつだ。お前はくだらない奴だ。未熟なやつだ。
そして、徹底的に人格を否定した後に、絶対的権威を刷りこむのです。
総統様の言うことを聞けばお前は立派になれる。総統様を目指してお前もがんばれ。
そういう絶対的な権威をすりこむのです。
その人が今まで培ってきた、心の羅針盤を破壊し、外の権威にすがるように作りかえる。
そういう洗脳手法なのですた。

日本は近年、自殺大国と呼ばれています。
毎年、自殺者が3万人にも上るということです。
自殺する人の心理というのは、基本的に言えることは自信がなくなっているのです。
自分を信じれなくなっている。
絶望です。
心が絶望に支配されているのですた。

会社をリストラされた。学校でうまくいかない。
しかし、普通に考えてみてください。
このキチガイ社会で生きていける方がおかしいとは思いませんか。
その人はただ、心がナイーブでやさしいだけなのです。

大人だったら会社でこっぴどく罵られ、叱られ、無能だと拒絶され
しまいにはリストラされた。
しかし本当にそうでしょうか?その人にはその人なりの価値があり能力があります。
どんな人もです。しかし、その価値を見いだせなかった会社が無能なだけです。
馬鹿なのは会社なのですた。
しかし、そういう目にあった人は自信のなさが災いしてか、
再就職を探しに面接するがことごとく失敗し、絶望する。
そういう流れです。良くある話です。

学生だったら、クラスでいじめにあっている。
ことごとく無視され、仲間に入れてもらえない。
しまいには対人恐怖になり、引きこもりになった。
学校をやめてもそれがトラウマになり人間関係がうまくいかない。
アルバイトにも行くのだが人間関係がうまくいかない。
そういうパターンです。
しかし、本当にそうでしょうか?周りにニコニコして作り笑顔で合わせて、
しゃべりたくもない下らないテレビ番組の話など、あなたはしたくなかった。
ただそれだけではないですか。

ワタスから言わせれば、その人は、自分ではなく社会が正しい
社会がおかしいのではなく、自分がおかしいと思ってしまった。

足の引っ張り合いをさせるように仕向ける。
フォルクスシューレの洗脳手法の犠牲者です。
せまい教室の中に、両親から引き離した子供たちを閉じ込め
一定の価値観を植え付ける。
自分が正しいのではなく、外の絶対的な権威が正しい。
徹底した洗脳手法。その手法の犠牲者なのです。

自分の心でなく、外の権威を正しいと信じてしまい、絶望に
打ちひしがれてしまった。

あなたは悪くない。徹底的に悪くない。
他人があなたを攻め、攻撃し、人格を否定してきたら、
徹底的に自分を守って下さい。奴らの言葉を受け入れないで下さい。

会社なら、上司の言葉に、心の中で叫びましょう。
こんなキチガイ会社の価値観に染まるつもりはない。悪いのは私じゃない。この馬鹿会社だ。

学校なら、友達と表面上は仲良くしても、心の中で叫びましょう。
私はあなたたちとは違う。私はこんなキチガイ社会に染まらない。
自分自身の心の羅針盤を壊されてはなりません。

自分を否定してはなりません。
奴らの手法に染まったが最後、自分自身に否定的になってしまいます。
そして、言えることは、自分を否定する人は、他人も受け入れられなくなる。
そういった人が発する負のエネルギーは否定する事実を呼び寄せる。

そういう現実がやってくるということです。
何をやってもダメ。ことごとく失敗する。
そういう人は、奴らの手法の犠牲者です。

自分は怠け者で、自堕落でダメな奴だ。人間関係もうまくいかなくて
引っ込み思案でダメなやつだ。

本当にそうでしょうか?

あなたは思いやりがあって、純粋無垢で、
明るくて、夢があって、笑顔がかわいくて、はつらつとしている。
それがあなたではなかったですか。

自分の価値を思い出して下さい。自分をほめてあげて下さい。
そうすればそういう現実に世の中は変わっていきます。
世界への認識が変わればすべてが変わる。

どんなに厳しい現実におかれても、夢を信じて、自分を信じて下さい。

怪獣に破壊された街中で、恐怖しちゃいけない。
ウルトラマンになりたかった少年時代の夢を思い出し、自分は本当はウルトラマンなんだと気づくダイゴ君のように。

絶望に打ちひしがれて、恐怖し、将来が見えないと嘆くか。
自分を信じて、未来が明るいものと信じられるか。
どちらを選ぶかです。
そのクライマックスが迫っているのです。

世界はあなたがそうあると思えばそうなる。
自分が変われば世界が変わるのですた。

本当にありがとうございますた。

<お詫び>
沢山引用させて頂きましたが、サイトと管理人様をお守りしたいので、リンク等のご紹介は控えさせて頂きました。
何卒ご容赦下さいますよう、お願い申し上げます。

F0196199_22505391_2

Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2009-01-26 08:59 | 気になるニュース

|

« 怒れ日本人!日本国潰しに必死な、売国毎日新聞の記事とマスゴミ | トップページ | お知らせ »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事