« 今、予算を決めないでどうする!にも関わらず解散を騒ぐ者達。 | トップページ | 小沢は、自民党時代から小泉の上を行く売国奴だ!! »

2009年1月 7日 (水)

給付金を待っている者達がいる。国民の痛みを利用するな!

2兆円あればもっと雇用対策が出来る。
2兆円あればもっと老人介護を充実出来る。
2兆円あれば、2兆円あれば…、2兆円あれば………。
確かにその通りだろう。
だが、警察から聞かれるから、保険業界に勤めている者なら解るだろう。
今、生活保護申請が月にどれだけあるか。
ところが申請しても審査が厳しくて、簡単には受け取れない。
しかも昨年9月の段階で、中国・北朝鮮・韓国・フィリピンの順で外国人の生活保護申請が1.7倍になっている。今はもっとだろう。
外国人の生活保護は審査が甘いから、簡単に受け取れる。
ばらまきだなんて言ってるのは、まだ余裕のある連中が言ってる事だ。

私達が最近体験した事の一つだけどね、これは、普通に生活していても
いつどうなるか解らないって話しだ。
電話が鳴った。
心筋梗塞で倒れたから来て欲しいと、会社と病院からだった。
私の身内ではないけれど、県外から一人で働きに来て、ここには身内がいないから知り合いの私達の所に電話が来た。
慌てて駆けつけて、一番近い県外の身内に連絡して貰った。
緊急手術を終え、無事で良かったと一安心したのも束の間だった。
50万程かかった入院費用を借金でまかなった為、いくらかお金を貸してくれないかと相談された。私達も出来る限りはした。
だけど焼け石に水だった…。
日給月給制の会社のため、入院中と自宅療養の間は給料が出ない。
まだ後2度ほど、心臓の動脈拡張の手術をしなければならない。
社会保険の疾病手当は、書類を提出してから幾らか貰えるのは数ヶ月先。
生命保険にも入っていない。
真面目に働いてはいたが、それまでも かつかつで生活をしていたから、余裕など無い。
安心して養生出来る状況ではなかった。
心筋梗塞で倒れてから、その人の生活は一変してしまった。
借金だらけになってしまった。
追い打ちをかけるように、不景気で会社は全社員のボーナスを半分にカット。給料も仕事が減って4割近く減ってしまった。
止むに止まれず、その人はサラ金に手を出した。
しかし限界だった。
会社と相談し、会社の知り合い弁護士に自己破産申請の相談をしたが、その弁護士費用は30万。
事情によっては、自己破産申請が却下されることもあるという。
まだ裁判所から、自己破産申請が受諾されたとは聞いていない。
生きていても仕方がない…その人は口癖のように言うようになってしまった。

給付金は、生活対策でいいじゃないか。
明日の生活すらどうなるか解らない、そんな国民が急増している最中に、何を暢気な事をやっているんだい!!
ご飯さえ食えない人がいるのに、何が消費の刺激だ、経済対策だ?
ふざけるな!!!背に腹を変えられない者達が沢山いるんだ。
国民が困っている時に、ったく国会議員ってのは、ぐだぐだぐだぐだとケツの穴の小さい連中ばかりだね。
やることなすこと、いちいち文句を言って、こんな連中が政治家で国を司っていると思うと、情けなくて仕方がない。

民主は、「金のばらまき」とか言ってくれるがね、
お前等が自民党にいた時からばらまかれてきた何兆円もの「天下り金」のばらまきはどうなんだい。
国民に金を配れば「ばらまき」になって、
自分や官僚が搾取する時は、ばらまきにはならないんだな。
党の維持費も馬鹿高いよな、これもばらまきにはならないんだな。
国民は乞食じゃない!国民が支払った税金から返されるものを、「ばらまき」と言うな!!!

お前等、自分達には今まで一体何兆円使ってきたんだい。
それを、たかだか2兆円を、困っている国民に配るぐらいで、ぐだぐだ言ってるんじゃないよ!


お前達が自分のために使い、搾取してきた金に比べりゃ、2兆円なんて微々たるものだろう。

お前等、国民の何を見ているんだい。
こう言う時は、国民のために一刻も早く給付金を出すべきだと言う議員が、信頼されるんだよ。
先ずは国民に手を差し伸べて、その上での経済対策、消費の活性化だろうが。
やってることが逆だろう。
様々な政治的思惑が交錯する中で、いつも犠牲になるのは弱者だ。
国はアテにならないね。

■<定額給付金>首相、受け取る可能性を示唆 方針転換?
2009年1月6日 20時34分 ( 2009年1月6日 23時54分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース


Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2009-01-07 04:37 | 気になるニュース

|

« 今、予算を決めないでどうする!にも関わらず解散を騒ぐ者達。 | トップページ | 小沢は、自民党時代から小泉の上を行く売国奴だ!! »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事