« この一年は正念場になる。何としても乗り切れ! | トップページ | 企業倒産5年ぶり1万5000件超 負債総額も倍増12兆円 20年 »

2009年1月12日 (月)

真実はどこに?

国民のためではなく、欲と保身=政権争いに必死な議員達ばかりで、
毎度毎度、こんな事を書くのはイヤになって来た。

何が本当で何が嘘か…。なかなか見抜けないだろうが、連中には共通点がある。
それは「人を見下す高慢・傲慢」だ。
自分が頂点にいなければ気が済まず、自論に酔い、他者の声に耳を貸さない。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」とは程遠い。
高慢な人間は、自身が受け入れられなければ平気で裏切る。
人の生き様は、必ず足跡になって残る。
その人間性は、どんなに取り繕ってもにじみ出る。
だから今までに何を残してきたか、それを見れば大体解る。
政治家であろうが、誰であろうが、自分のためにやっているのか、それとも真剣に他者を守ろうとしているのか、それで見抜けばいい。
高慢な者は自分のために戦い、信念を持つ者は他者のために戦うからだ。


■小沢氏「話し合い解散応じる」 補正は参院で修正
2009年1月11日 12時04分 Excite エキサイト : 政治ニュース

更に、読売新聞ではこう報じる。

■民主・小沢代表、「話し合い解散」に前向き発言
(2009年1月11日19時22分 読売新聞)

 民主党の小沢代表は11日、NHKの番組で、政府・与党が2009年度予算案成立後の衆院解散を約束し、野党が予算の早期成立に協力する「話し合い解散」について、「早期に国民の意思を問えとずっと主張している。
た、渡辺喜美・元行政改革相ら麻生政権に批判的な自民党議員との連携について「自民党政権ではだめだとはっきり行動に表せば、その時点で話し合いもできる」と述べ、離党が前提になることを強調した。

次期衆院選での選挙区調整についても「まず党を離れることと、政治姿勢を共有できる人でなければだめだ」と語った。

 衆院選で勝利した場合の政権の枠組みについては、「もし過半数を取ったとしても、今までの協力体制は続けていきたい」と述べ、社民、国民新両党と連立する考えを示した。


解散すれば話し合いに応じるなどと、こんな時に国民より政権が大事だと言ってますね。
小沢って、西松建設の件もあるし、政治資金で10億の個人名義不動産の事もあるし、やっぱりやる事がイヤだねぇ。

そして共同通信は、タイミング良く電話での全国世論調査を出してきた。
■内閣不支持70%、危機的水準 定額給付金評価せず70%(共同)
2009年1月11日 16時32分 ( 2009年1月11日 20時57分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

その後、各社世論調査を一斉に出してきたね。
これは世論調査という魔法の言葉とTV出演という、絶妙なタイミングの波状攻撃だね。
そして国民の意志を問えと叫んでいる。
前にも書いたけど、マスコミは世論調査と言えば人々が無条件に信じ込むと思っている。
都心部や、普通に恵まれた者達に調査をして、弱者は切り捨てられている。
家を追われたり、住む所を失ったり、電気を止められたりしている本当に聞かなければならない多くの人の声なんか、微塵も入っていやしない。
昨日は、生活保護の相談に行った一人暮らしのお年寄りが、電気を止めれたので、ろうそくで灯りを取っていたら火事になり、家を焼け出されてしまった…。
ちょっぴりおまけ↓
■報道は捏造まみれ…その実態を共同通信(政治部記者)OBが暴露!

加えて天木直人氏も御自身の天木直人のブログ内で以下のように書いている。

派遣切りを報ずるテレビ番組が空々しい訳

 CIRCUSという若者向けの月刊誌2月号に次のような業界記事を見つけた。

  ・・・視聴率15%を誇る報道ステーションの司会者である古館伊知郎のギャラが一回100万円、一年でざっと2億円であるという。それを5割増し要求した古館の評判が悪くなっている。しかし古館にも言い分がある。前任者の久米宏はその3倍もらっていた・・・

  人の懐具合をとやかくいうのは「さもしい」。貧乏人がこれを言うと僻みだと思われる。それに自分の実力で儲けた金のどこが悪い、という意見ももっともだ。

  しかし、そういう連中がテレビの前で、正面から資本主義の誤りを声高に叫んでいることに違和感を覚える。

  古館や久米だけではない。みのもんたとか小倉だとか鳥越だとか、皆かなりの報酬を手にしているのだろう。

  更に言えば、それらの番組に出演している辛口評論家や有識者もまた恵まれた立場にいる者たちだ。

  そしてまた報道各社に働く職員はみな高給取りだ。

  そのような人たちが、自分の事に口をつぐみ、自給1000円前後の派遣社員問題をなんとかしろと叫んでみても心に響かない。

  そのような人たちが政府や官僚を悪し様に批判してもうそ臭い。

  もちろん、政治家や官僚たちは文字通り恵まれた立場だ。

  税金から多額の歳費と活動費、政党助成金を受け取っている与野党の政治家たちがテレビの前で罵り合っても白々しい。

  天下りを渡り歩く官僚は勿論だが、月収200万円を超える最高裁長官が裁判員制度導入の張本人であると聞くと、その日暮らしの勤労者に強制的に負担をさせるぐらいなら、まず裁判官が給料分の働きをしてから言え、といいたくなる。

  トヨタが役員29人の年末ボーナスを止めて10億円を節約したという報道がなされていたが、よく考えてみれば一人当たり何千万円という額の一時金を支給しようとしていたのだ。それを思うとわずか月額10数万円の非正規職員をすぐに解雇しなければならないのか、と思う。

 要するに国民は二分されているのだ。そしてメディアで声を出している連中はみな恵まれている連中ばかりだ。立場は異なっても、皆恵まれ仲間なのだ。

 そういう恵まれた連中が、自らの身銭を切って派遣労働者の救済に何かしたという話はさっぱり聞かない。

 だから報道がさっぱり心に響かない。言いぱなし、聞き捨てである。

 政治番組が娯楽番組のごとく暇つぶしとなっている。


その通りだと思った。
新聞もテレビも、現実からは遠い。
詭弁や机上の論理の口先からは何も生まれない。
今までのような平和ボケ出来る時は終わってしまった。
信念とは正義を振りかざす事ではなく、他者を思いやる心が生み出すものだ。

閉塞感は政治と言うより、世知辛い世の中が生み出す。
それは、感謝の心・思いやりの心・助けあう心などと言った、本来日本人が美徳としてきた心が置き去りにされた結果だ。
マスコミやメディアが垂れ流す情報を鵜呑みにせず、自分の体験と自分の目で見たことを大事にしながら、一人一人が政治をしっかりと握って、隣人と助けあって生きていって欲しいと願うばかりだ。
三丁目の夕日なんて言う映画がヒットしたけど、貧しくても助けあって感謝しながら生きてきたあの頃のように…。

私達は、特別民主が嫌いで自民が好きなワケじゃない。
創価学会員じゃないし、プロ市民でも、どこかの政治団体に属してもいない。
悪いがキリスト教原理主義にも属していない。
(9.11の後、ブッシュを押してイラク戦争に賛成したのはキリスト教原理主義の者達だ。)
おまけにイルミナティー・フリーメーソンを叫弾しているかのようにしながら、知ってか知らずか連中に使われている者がいる事実もある。
つまり、私達と私達のエージェント達は、どことも誰とも関係がない。

しかし、ブログの内容だけで私達のすべてを知ったかの様に、陰謀論者とひとくくりに片づけ、鬼の首をとったように言う者がいる。
私達は人から認められたり、賞賛されたいがためにこんな事をしている訳じゃないから、何と言われても別にいいけどね、一言言わせて貰うよ。
他者を見下す高慢は己の弱さだ。何度も言うが、高慢は闇の温床に他ならない。
闇は人の弱さにつけ込み、そしてその魂を喰らい尽くす…。
そこに闇に打ち勝つ力はない。

人の命はどれもみな、いたずらに失われてはならない尊い命ばかりだ。
人々の笑顔と命が守られんことを、切に願う。

とのくになした ななよめは
うつよのかがみ なればこそ
たまをかけたる ふたかみの
たまのねこえに おもいこそしれ 

Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2009-01-12 15:12 | 気になるニュース

|

« この一年は正念場になる。何としても乗り切れ! | トップページ | 企業倒産5年ぶり1万5000件超 負債総額も倍増12兆円 20年 »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事