« 毎日新聞は、国民を舐めるな! 国民の一致を阻む 安っぽい印象操作にはウンザリだ。 | トップページ | 金権裏金政治で日本と国益を貶める者達。特亜万歳の小沢は実はアメリカの犬。 »

2009年3月14日 (土)

日本を護れ! 国を滅ぼす、フリーメーソン員が標榜した「人類団結という兄弟的友愛」と移民政策。

さて、最初に言っておこうかねぇ。
日本だと、イルミナティ・フリーメーソンの話しをすると、『陰謀論』と言われて、安っぽいオカルトレベルにまで落とされるけど、
実は諸外国では、イルミナティー・フリーメーソンの悪事を暴いて、情報を調べ上げてリークしたり、その結果投獄されたりしているのは、博士や大学教授が多いんだ。
しかし、日本の大学でそれを教える所はないし、連中お得意のエージェントを使った情報戦やスパイと言えば、まるで奇想天外な007のジェームス・ボンドみたいに勘違いをされてしまう。
イルミナティー・フリーメーソンを追えば解るけど、連中のしている事はどれも
・国民=一般に知らされていない
・連中の教科書に則って一定の法則がある
・実は身近な問題
で、どれも決して奇想天外な話しではないんだ。


さて、身近な問題として少子高齢化を取り上げたけど、今日は、

<国籍法>子供の取得要件巡る改正案、参院で可決・成立へ
2008年12月3日 18時13分 Excite エキサイト : 政治ニュース
参院法務委員会は3日の理事懇談会で、外国人と日本人の間に生まれた子供の国籍取得要件から婚姻を外した国籍法改正案を4日に採決すると決めた。
 「偽装認知」を懸念する声が出ていたが、3日の自民、民主両党の協議で▽父親と子が一緒に写った写真の提出▽施行状況を半年ごとに法務委員会に報告――などを盛り込んだ付帯決議案がまとまった。5日の参院本会議で、残業代割増率一部引き上げを柱とする労働基準法改正案と共に可決・成立する見通し。

と、
小沢一郎の在日外国人にも選挙権を与えるべきだ。
そして、
【移民1000万人受け入れ 国家戦略本部が提言】
2008.6.20 06:48
自民党国家戦略本部(本部長・福田康夫首相)の「日本型移民国家への道プロジェクトチーム」(木村義雄座長)は19日、日本の総人口の約1割に当たる1000万人の移民受け入れを目指す政策提言をまとめた。
この国家戦略本部は平成13年、小泉純一郎首相(当時)が国家の中長期ビジョン策定を目指して総裁直属機関として設置したもの。

と、
日本の「移民立国」を目指す
【移民、1000万人受け入れ提言…自民議連案】
6月8日10時38分配信 読売新聞
これは、
「自民党の「外国人材交流推進議員連盟」は、人口減少が進むなか、日本の活力を維持するには人口の10%を外国からの移民が占める「移民立国」を目指すべきだとした中間報告の案をまとめました。

自民党の「外国人材交流推進議員連盟」は、人口減少社会に対応した日本の活性化策を検討しており、このほど中間報告の案をまとめました。
それによりますと、外国からの移民の受け入れによって日本の活性化を図る「移民立国」への転換が必要で、優秀な人材を海外から集めるのではなく、意欲ある外国人を日本で育てる「日本型移民政策」を推進すべきだとしています。
具体的には、▽50年後に人口の10%を移民が占めるようにする、▽西暦2025年までに留学生を100万人受け入れる、▽外国人のための職業訓練制度を創設するとしています。また、▽国籍法を改正して永住者の子として日本で生まれた人に日本国籍を与える、▽3年以内に「移民法」を制定して移民行政を一元的に行う「移民庁」を設置するなどとしています。
議員連盟は12日の総会でこの案を正式に決定することにしています。
(NHKオンライン)


について、信頼しているサイトを参考にさせて頂きながら簡単に話そうかね。
実はこれも、イルミナティー・フリーメーソンの戦略と大きく関わっているんだ。

■異民族[ゴイム](異邦人)はどんどん移民すべし、それが「静かな戦い」 by A・ヒッチコック  
さてはて様から、参考・引用させて頂きました。)

・イギリスでは、人種間の摩擦があるという理由で、人種関係法が導入された。 (導入したのは当時の法務長官であるロシア系ユダヤ人、フランク・ソスキス[Frank Soskice, Baron Stow Hill, 1902-79]) この法律は、公共の場での人種差別を違法とするものであった。

・他民族を各国に流入させることが、西洋世界に対してユダヤ人がとる最も効果的な闘争の形であった。
これは二〇世紀に何度となく行われ、とりわけアメリカとイギリスでは「静かな戦い」として知られていた。

・こうした移民は一般に、その国の労働市場の隙間を埋めるためには他民族が必要であるという口実で行われた。
(ただしアメリカでは、ご承知のとおり、ユダヤ人がアフリカの人々を連れてきて、奴隷として売ったのである)。


これだけでも、日本が国籍法を改正したり、移民を受け入れようとしている理由が、イルミナティー・フリーメーソン大国のイギリスやアメリカと同じだと解るだろう?
日本でも、『少子高齢化のための労働力不足を補うために、移民受け入れは必要である』と言っているじゃないか。

じゃあ、何故イルミナティー・フリーメーソンが、各国に移民政策を取らせようとするのか。

ユダヤ人は、彼らが最高の聖典とするタルムードに従い、世界の人々をユダヤ人と非ユダヤ人(ゴイ、ゴイム、異邦人[ジェンタイル]としても知られる)とに分けてとらえていた。
移民の結果起こるのは、異人種間の交わりによってあらゆる人種の壁がなくなり、ただ一つの人種が形成されること以外にない。
その人種とは、「非ユダヤ人」である。
 


ユダヤ人は常に、世界政府の樹立と、同時に自分たちがその支配者となることを望んできた。
あらゆる人種を別の国々にごちゃ混ぜに住まわせてしまえば、世界中どの国も多民族によって構成されることとなり、国境など時代遅れのものとなって、単一の世界政府に置き換えられるはずだという理屈である。


ユダヤ人は、その国のもともとの国民の結束がユダヤ人の世界政府という夢にとって危険であることを熟知している。
歴史上、彼らの邪悪で搾取的な行動に対し、市民が自然な反応として団結したことにより、各国から幾度となく追放された経験があるためだ。

・異民族をその国の市民として流入させれば、国民が一丸となって行動する恐れはなくなる。異なる文化や習慣は互いに受け入れにくいためだ。

・二つの人種がそれを解決するのに気をとられているうちに、ユダヤ人は安心して思い通りにこっそりと ことを運べるというわけである。


どうだい?移民政策というものは、イルミナティー・フリーメーソンが好んで用いる、混乱と争いによって国力を低下させるための最も有効的な戦略である事が解るだろう?

移民を受け入れた結果、イギリスでは争いや凶悪事件が横行し、フランスでは移民政策によって暴動がおこり、アメリカは自衛に必要だと銃に規制がかからず、人々は混乱と命の危機にさらされている。

以下のリンクは、ここ10日以内の 民族間の争いが原因の、ロイターによる記事だ。

■ガザ軍事作戦の犠牲者1434人、3分の2は民間人=調査
ロイター 2009年 03月 13日 14:27 JST

■再送:北アイルランドの英軍基地で発砲、兵士など6人死傷
ロイター 2009年 03月 8日 15:15 JST

■スーダンのNGO追放問題、難民数百万人に影響=国連
ロイター 2009年 03月 8日 09:39 JST

■スーダンが援助団体追放、大統領への逮捕状で
ロイター 2009年 03月 6日 13:34 JST

■オバマ大統領がロシアに書簡、イランとMD配備で提案=報道
ロイター 2009年 03月 3日 17:09 JST

さてここで勘違いして欲しくないんだがね、私は在日外国人を悪いとは言っていない。
ただでさえ、他民族同士は同居が難しいのに、
問題は、特亜で行われている反日教育なんだよ。
いいかい、日本人を見下し、日本人に憎しみを持つ反日教育を受け、それを当たり前だと信じる特亜の者達が、この小さな島国に人口の一割、1000万人も移民してきたらどうなると思う?
しかもこの国の隣国は韓国・北朝鮮・中国だ。
国内の小競り合いと民族紛争で終わるわけがないだろう。

此処まで来ると、移民や在日外国人に対する平等・人権と言ったリベラルな言葉に置き換えられたイルミナティー・フリーメーソンの計略に乗せられて、それを人道的だとか平和への道だとか信じる者達の多い事に気付くだろう。
しかし世界での現実は違っている。
世界で巻き起こる紛争の原因は、民族間争いにあることを忘れてはならない。
争いの犠牲になるのは、いつだって子供達や弱い者達だ。
イルミナティー・フリーメーソン連中は、ゴイムがいくら死のうと痛くも痒くもない。
移民政策を取ったら最後、日本と特亜の多くの一般人が犠牲になる。
絶対にそれを引き起こしてはならない。

繰り返して言う。
日本は、各国の移民政策の失敗と、繰り返される民族紛争に学び、
混乱と争いの火種になる移民立国を、断固目指すべきではない。

そんなものは、日本を滅ぼすイルミナティー・フリーメーソンのやり方だ。
国は一度失ったら、二度と元には戻らない。
真の国益とは、国の財産である国民を護る事だ。
何があっても、この国を、絶対に失ってはならない。

「プロトコール3」に記されている「フリーメイソン」についての記述より。
■我々は、労働者に我が戦列即ち社会主義者、無政府主義者、共産主義者に加わるよう提案し、振りかかる圧迫からかれらを救出する救世主を買って出る。 我々は、我らがフリーメーソン員が標榜した「人類団結という兄弟的友愛」の定め通りに、一貫して主義者たちを支援している。
(フリーメーソンは、「人類団結という兄弟的友愛」を標榜しつつ社会主義者、無政府主義者、共産主義者の活動を支援することが明らかにされている。)

余談だが、記憶にも新しい『ルワンダ紛争』では諸外国が介入し、結果、民族間の大量虐殺が行われた。
介入した諸外国に、イルミナティー・フリーメーソンのエージェントの影を認めるのは、私達だけではあるまいよ。

F0196199_9312963


F0196199_9284190


F0196199_0582086

■<竹中平蔵氏>鳩山総務相を批判 2009年3月13日 20時11分 ( 2009年3月13日 20時43分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース メーソン竹中、今更あんたが何を言った所で、小泉と一緒に国民の命綱であるセーフティーネットをぶった切り、挙げ句に国民の財産を散々アメリカに貢いだ事は明白なんだよ。 必死に言い訳かい、見苦しい。

■ミサイル発射なら制裁目指す 首相、北朝鮮をけん制
2009年3月13日 19時37分 ( 2009年3月13日 19時43分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

麻生に対するマスゴミの仕打ち=特亜は愛国者として危機感を抱いて叩き、アメリカは「貢がない」ので叩く。しかも外交の成果をほとんど報道しない。

■「チベット人は希望捨てない」 ダライ・ラマ、闘い続ける決意
2009年3月10日 19時40分 ( 2009年3月10日 20時06分更新 )Excite エキサイト : 国際ニュース

これも、民族問題だね。
チベットは、将来の日本と言われている。
このままなら、明日は我が身だよ。

Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2009-03-14 01:35 | 気になるニュース

|

« 毎日新聞は、国民を舐めるな! 国民の一致を阻む 安っぽい印象操作にはウンザリだ。 | トップページ | 金権裏金政治で日本と国益を貶める者達。特亜万歳の小沢は実はアメリカの犬。 »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事