« きれい事で、CIAと仲の良い『小澤茶番劇場』の再開かい?追記=あっぱれコリアンマスゴミの偏向報道 | トップページ | 労働者を喰らう資本家どもの茶番劇と、暗躍移民計画「鳩山ちゃん、美味しいネタをありがとう!!」 »

2009年4月12日 (日)

眠れる獅子達が目覚める

さて、私達は全ての在日外国人が悪いと微塵も思っていないし、外国人だからと言う差別感情もない。
日本が好きな在日外国人も多数いる。
誤解の無いように言っておくが、
私達が言っている者達とは、自分の国や血については誇り、自画自賛して他国の者達を見下しながら、
日本人が日本のことを少しでも誇ると、一方的な『右翼』レッテルを貼って、あちこちで『ネトウヨ・右翼・ニート』と言いつつ、汚い言葉で国民を叩いて差別を生んでいる『ニセ左翼民主』の者達の事だ。
これはマスゴミと、結託した在日コリアや帰化した者達の仕業だ。
マスゴミと結託し国民を叩く在日特亜や、日本=国民を食い物にする者達。
自民のアメリカ五芒星は叩くが、民主のアメリカ五芒星は叩かぬ者達。
天下りを容認しているのは、実は在日特権によって公務員になった、日本人に成り済ましている在日や帰化人であることを知っていながら、それを守る為に政治的偏向情報を発信する、成り済ましのメルマガやブログ。
簡単に言えば、国益=国民益を損ね続ける者達の事だ。

この国を いかに侵略しようと、いかにこの国の人々を惑わそうと、
ニセ左派・反日の連中には、この国を支配する事など絶対に出来ない。
何故なら彼等には到底理解が出来ないからだ。
私達の血と魂に流れる、『日本人』の精神と心を。

謙遜のない自画自賛は嫌いだが、誤解を承知であえて言わせて貰う。

日本人は『和』を尊ぶ。
日本に対する一方的な偏見に対しても、日本人は頭を下げ続けて来た。
それは、日本の和の心から出るものだ。
例えば、韓国が、今だ日本に迫る第二次世界大戦時の賠償問題だ。
1965年に日韓基本条約が締結されたが、
この日韓基本条約締結に当たって、韓国政府には、日本から、個人補償分を含む
5億ドルが無償供与されている。
条約に付随する協約には、
両国・両国民間の『請求権に関する問題が (中略)
完全かつ最終的に解決された』と明記されている。

賠償とは、戦争に勝った国が負けた国から取るものであり、
日本と韓国間で、戦争を行ってはいない。
日本は、5億ドルを支払い、果たすべき事を果たしている。
何の為の協約か。
また、韓国に与えたものは、
政府と個人からの“賠償+設備+略奪”を併せてGHQが試算したところによると 、
当時の約60億$、すなわち現在価格で最低に見積もっても 16兆円(当時の韓国の国家予算10年分以上)を置いてきたことになっている。

先人達から受け継がれている日本の平等の精神とは、人種や国籍を差別しない、心を持つ人間同士としての、互いの『共存共栄』である。
だが、そんな日本人の心を土足で踏みにじり、ただのお人好しな馬鹿だと勘違いしている、日本の精神と心を理解出来ない者達は、日本が凛とした侍の魂を持つ国だという事を忘れている。

今を生きる多くの者達の中にあるのは、ますらおの心だ。
反日から一方的に誤解をされても、忍耐強く理解を求め、何とか調和を計ろうとする。
だが、相手の悪意を見抜くと、彼等は大和の侍になる。
人々は、自ら日本を支配するからくりに気付き、侍になった。

その証拠として以下に上げるのは、日本を思う若者達が、心を織って作った動画だ。
余談だが、日本独自のオタク文化は、日本人が持つ勤勉さと和の心の現れの一つだ。

■日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】■



<感動! 麻生総理所信表明演説(ACE COMBAT ver) part1>



<麻生総理所信表明演説(ACE COMBAT ver) part2>



<麻生総理所信表明演説(ACE COMBAT ver) part3>



日本以外の国なら、マスゴミの印象操作や偏向報道が成功したであろう。
だが、日本人の精神と魂を理解出来ていないお前達には、到底この国を操作など出来ない。
どれほど策を弄した所で、日本を支配する事など出来るはずもない。

日本人は中身を見抜き、それが本当と中身のない、薄っぺらいモノだと解るなり、飽きて捨てる。
テレビや新聞雑誌を、いち早く見限ったのが、今の若者達だ。
アメリカや特亜に仕切られ、日本人を理解出来ていないマスメディアは、テレビ番組の視聴率が下がり、新聞の購買量が減り、これから衰退の一途を辿るだろう。
侍になった者達は、本当を言わないマスメディアを切り捨てて、自ら本当を探し、自分自身で見付けた真実の中で、声を上げ続けている。
そして今、若者達は『自分達の日本を護れ』と叫んでいる。

日本は、信用を重んじる。
反日特亜の者達は、日本と特亜の信用を失わせた。
もう二度と私達の信用を回復する事は出来ないだろう。

例え私達が此処で、日本の文化と精神を種明かししても、頭と文字では絶対に理解など出来ない。
長い間、一国で存続し続けているこの国の精神は、ズブズブとした底なし沼のように深い。
日本は、和を重んじるが故に、本音と建て前を使い分けるが、
この様な日本の精神の裏に潜むものを理解出来ぬ反日・ニセ左派は、これから日本の底知れぬ恐ろしさを知る事になろう。
見よ、多くの者達が今、テレビや新聞雑誌から離れ、煽動や偏向報道に影響されない所に立っている。
いかに3S政策やメディアを用いようと、道徳を廃してゆとり教育しようとも、
歴史と時を越えて生きる日本人の魂とDNAは失われていない。

F0196199_22414844


■<世論調査>「小沢氏辞任を」72% 内閣支持は上昇24%
2009年4月11日 20時58分 ( 2009年4月12日 15時45分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

■小沢代表の資金収支も検証 民主有識者会議が初会合
2009年4月11日 19時48分Excite エキサイト : 政治ニュース

自民は閣僚を切っているだろう。
党内の浄化は、大事だよ。

余談だが、前回民主が過半数を取った時、小沢一郎が道路族と天下りを容認した事を意味するメルマガが発行されたと教えて貰った。
教えてくれた知人から送られたその内容をそのまま載せよう。

小沢一郎が党首のままで選挙戦を戦わないとだめだ。

過去に選挙がアドバイス通りに
いったことがある。

それは初めて国政選挙で
民主党が勝利した
参議院選挙である。

このときは、

党首が小沢一郎

官僚を敵対視する政策を唱えなかった。

高速道路無料化論を掲げなかった。

自民党と対立して
「協力しない」姿勢を明確に打ち出した。

つまり敵を自民党に絞ったのである。
多くいの人に「自民党よりはいいや」
と思わせた。

以上のことを民主党はやった。

つまり党首を小沢一郎とすることで
従来の自民党支持者や
国政の中枢にいる人たちからの支持を得た。

金融界の人からも小沢一郎は景気対策を理解している
ので歓迎された。

官僚を敵対視する政策
つまり「官僚の再就職防止(天下り 廃止論)」を唱えなかった。
このため官僚でも民主党政権でもいいとなった。

(中略)

そして
高速道路無料化論を封印した。

突然無料化しても渋滞ばかりになるだけだし、
これまでの借金は国の税金で返すのだから
ひどい政策である。
多分理解していないのだ。

それ以上に建設業者はこういう政策を支持するわけがない。

したがって高速道路無料化論を
ひっこめたため建設業者を敵にまわさなかった。

実はこれが決定的に重要だった。


のだそうだ。
………。
なんだいこれは。
開いた口が…(以下略)

そしてこうなる。

■<ヤミ専従>農水省が事前調査公表せず 一斉の1カ月前実施
2009年4月8日 11時22分 ( 2009年4月8日 12時57分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

■加藤元幹事長、小泉元首相を批判 新著「劇場政治の誤算」で
2009年4月11日 17時03分 Excite エキサイト : 政治ニュース

マスゴミに踊らされた国民と、ロックフェラーとブッシュに貢ぎまくったゴイム小泉。その反省は大事だね。
小泉がぶった切り、国民を食い物にしたものを、今度は国民に返す番が来たよ!
本を書く度胸があるなら、加藤、あんたは侍になって国民を護る盾になりな。

■消費税上げで自民をけん制 公明党の山口政調会長
2009年4月12日 16時14分 Excite エキサイト : 政治ニュース

与謝野、あんたまたこんな時期にウマシカを言ってるのかい。
出番を焦って、出しゃばらない方がいいね。
くれくれと言う前に、先ず国民を元気にしな!
既にみつばちが居なくなり、受粉出来ない。
これからの試練に、国民が飢えないように手を尽くしな。
私達も必死に踏ん張っているがね、このまま行けば、これから次の試練が来る。
回避出来なきゃ、あんたたちの金も名声も名誉も、何の役にも立たない時が来る。
試練の時になれば、これまで他者を見下してきた高慢な者達は、人々から疎まれ相手にされない。
その時後悔しても遅いんだよ。
今回どうにか回避させても、時を於いて第二波、第三波とやって来る。
こっちも正念場さ。
いいいかい、いつまでも呆けて居るんじゃないよ。

この国の誇り高き人々よ、
どんな試練の中にあっても、助けあう心、互いを守り合う心を忘れてはならない。
他者への思いやりを絶対に忘れてはならない。
先人達がどんな逆境をも乗り越え、立ち上がってこられたのは、諦める事を知らない前向きな心と、助けあう思いやりの心、明るい心があったからだ。
内面の光りを美徳とする先人達の築いてきたものを更に高めるように、私達も今を生きよう。


Tags:日本と国民が危ない
by mellow_113 | 2009-04-12 22:29 | 気になるニュース

|

« きれい事で、CIAと仲の良い『小澤茶番劇場』の再開かい?追記=あっぱれコリアンマスゴミの偏向報道 | トップページ | 労働者を喰らう資本家どもの茶番劇と、暗躍移民計画「鳩山ちゃん、美味しいネタをありがとう!!」 »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事