« 仕事を放り投げた国会議員共は、国民に給料を返還しろよ。 | トップページ | 国民の厳しい洞察から逃れられない事を、覚悟しな。 »

2009年7月20日 (月)

欲に駆られたアメリカ五芒星の犬共は、さっさと離党しな!!さぁみんな、選挙に行こう!!


ここ■マスコミに踊らされるな!分裂分派は、国力を下げる敵の罠。にも書いたけど、凝りもせず、また同じことをやっているのかい。
■中川氏、独自の政権公約も 衆院選で
2009年7月18日 10時15分 ( 2009年7月18日 11時40分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

クソメーソン中川は、
・小泉純一郎元総理の信任も厚く、側近中の側近として知られていた。
・日本新聞販売協会の顧問だった。
・その分身でもある日販協政治連盟から多額の政治献金を受けており、
新聞・出版業界の利害を代弁する活字文化議員連盟会長をしている。
・日本への移民受け入れを推進しているし、
・カルトの統一協会・集団結婚に祝電送ってるし(統一の文鮮明は、メーソンと持ちつ持たれつの間柄)
・愛人への捜査情報漏洩問題やら
・財団法人自宅提供問題もあった、
麻生を下ろしに執念を燃やす、民主と仲の良い、アメリカ五芒星の犬だ。

武部は、反小泉色が強かったんだけど、小泉内閣に入閣した途端、小泉の偉大なるイエスマンになった。
以来、小泉の犬になってるじゃないか。

与謝野は、2000年4月の第42回衆議院議員総選挙で民主党の海江田万里に敗れ落選しているが、その時小泉に、「落選していなければ自分ではなく与謝野さんが総理になっていた」と言われる人物だ。
メーソンの信頼熱い与謝野本人が、もう総理になりたくてウズウズしているんだろうねぇ。
最近じゃ、迂回献金問題が浮上して、のらりくらりと逃げているじゃないか。
■与謝野氏に迂回献金   腐敗政治の温床がまた現れた
国民に貢がせるために増税を騒ぐ与謝野も、アメリカ五芒星だ。

クソメーソン連中には、
・アメリカ五芒星の犬・ゴイムメーソン小泉と竹中のやった路線を護ろうとする。
・国民の命より既得権益やら金が大事。
・「アメリカにはもう貢がない」と宣言した麻生が邪魔で、事あるたびに反麻生を騒ぎ、麻生下ろしに必死になる。
・増税に意欲を見せる。
などの特徴があってね、
このブログでシツコイほど何度も書いているけど、
麻生を叩く連中は、アメリカ五芒星の犬がほとんどだ。

国と国民を一丸になって護らなきゃならない大事な時に、
やれ政権交代だ、やれ麻生下ろしだにうつつを抜かし、
国会を空転させ、法案可決を目前にしながら全てを廃案にさせ、
国民の命と国益を損ねたお前達には、必ずツケを支払って貰う。
それは、それを煽動したマスゴミも、反日も同じだ。
万事に時がある。
国民にたかるだけたかっておきながら、国力と民意の低下を招きこの国の力を弱めた連中が、いつまでもデカイ顔してのさばれると思うなよ。

■<河村官房長官>別の公約なら離党すべき…反麻生勢力にクギ 2009年7月18日 11時43分Excite エキサイト : 政治ニュース
 河村建夫官房長官は18日午前、TBSの番組に出演し、自民党内の「反麻生勢力」に党の次期衆院選マニフェスト(政権公約)とは異なる独自公約を掲げる動きが出ていることに対し、「党が決めた大方針を変えるわけにはいかない。完全に党を分けないといけない話だ」と述べ、党のマニフェストと別の公約を掲げる場合は、離党すべきだとの考えを示した。

 同党の中川秀直、武部勤両元幹事長ら麻生太郎首相と距離を置く勢力は、衆院解散前の「麻生降ろし」には失敗したものの、選挙戦では公務員制度改革などで独自公約を掲げ、「非麻生色」を前面に出そうとしている。21日の両院議員懇談会では首相批判を展開する意向だが、河村氏は18日の番組で、離党に触れてまで、こうした反麻生勢力を強くけん制した。

 これに関連し、政府高官は同日午前、記者団に「有権者を欺く行為で、偽マニフェストだと言わねばならない。場合によっては、公認しないこともある」と強く批判した。
【坂口裕彦】


ごもっとも。
ウマシカメーソンは、さっさと離党すればいいのさ。
公認しなきゃ良いんじゃないのかねぇ。
国民は馬鹿じゃない。しっかり見抜いているよ。
こいつらが居座る限り、国民は益々自民離れを起こすだろうね。
いい加減に公明との連立も解消させないと、自民党は終わるね。

■比例は民主36%、自民15% 共同通信、電話世論調査
2009年7月19日 16時54分 ( 2009年7月19日 19時17分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

この流れ方は、第40回衆議院議員総選挙で自民党が惨敗した時と似たり寄ったりだねぇ。
まぁ、これもイルミナティー・フリーメーソン劇場が演じる茶番の一つだろうがね。
どの政党が政権を取ろうが、イルミナティー・フリーメーソンの支配下にある民主じゃ、お先が知れるわ。
このブログで何度も書いているがね、クソメーソンを排除しない限り、
自民も、民主も、同じ穴のムジナなんだよ。

森羅万象、物事には全て時があるんだ。
私達が、イルミナティー・フリーメーソンに向かって、
口先だけで ただ吼えているだけだと思ったら大間違いだよ。

■<麻生首相>21日に衆院解散 「政権選択選挙」濃厚に
2009年7月19日 22時59分 ( 2009年7月20日 01時50分更新 )Excite エキサイト : 政治ニュース

麻生、お疲れ様だったね。
この辺が潮時だろうよ。
ただね、せっかく回復した支持率を下げたのはあんた自身だ。
郵政民営化の改悪を正さず、小泉一派に負けて鳩山を切った時から、こうなるのは目に見えていたはずだ。
アメリカ五芒星に向かって真っ向から喧嘩すれば、そりゃぁ命を脅かされる様に思うことも多々あるだろうさ。
だから、最初から言ってるだろう。
命を掛けて本気でこの国と国民を護れって。

イルミナティー・フリーメーソンの筋書きだと、このまま行けば、この後は民主が政権を取るだろうがね、
そうなりゃ今度は、自民の行ってきた悪事を晒して、反対に自分達民主がしている悪事は隠すのさ。
そんなもの、小沢や輿石東に対して行ってきた民主の対応を見れば解るじゃないか。
身内の悪に甘いのは、自民党より民主党の方だろうからね。
クソメーソン共のする事だからねぇ、自民も民主も、どっちもどっちだ。

最近、民主メーソン鳩山の事が、やれメーソンだ、やれメーソンではない、などあちこちで言われているみたいだね。
だが、イルミナティ・フリーメーソンの事を、「メーソンは誤解されている。「自由・平等・ 友愛」の良い組織だ」などとトンチキなとんでもない事を、身内にクソ甘い民主連中が言い始めた。
ふざけるな!!!!!お前ら馬鹿か!
あんた等の同胞、石井議員が誰にやられたと思っているんだ。
(石井議員についてはこちら→故 民主党石井紘基代議士
アメリカ五芒星をイルミナティー・フリーメーソンではないとは言わせぬぞ。
全くいやだねぇ、二枚舌の詭弁は。ボロ丸出しだ。
イルミナティー・フリーメーソンのことを、聞きかじった知識だけで語ったら墓穴を掘るって事を、よーく憶えておきな。
因みに民主鳩山は、カルト宗教に傾倒しているメーソンだ。
前に、世界の崩壊を食い止める『日本人の誇り』。(2) で、
気を付けて欲しいのは、イルミナティー・フリーメーソンの悪事を暴いているように見せかけながら、その実は連中の仲間だと言う者もいる。
誰でもそう言う者達を見分けるのは簡単に出来る。
イルミナティー・フリーメーソンが関わっている政治団体や宗教団体を擁護したり、
極端な右派や極端な左派に走ったりと、突然偏った思想を押し付けて来るからねぇ。
って書いただろ。
気を付けておくれよ。

選挙になったらみんな是非投票に行って欲しい。
投票率が低かったら、国に国民の声は届かない。
それこそメーソン万歳だよ。
先人達が命を掛けて勝ち取ったものが、選挙権だ。
自分の一票を大事にして、
自民だろうが、民主だろうが、志の高い自分の信じる候補者に投票して欲しい。
比例代表も、志の高い者がいるならそこに投票して欲しい。
もし投票したい者がいなければ、白紙投票でもかまわない、
選挙には絶対行って欲しい。
国の主権は、
反日の在日コリアでもなければ、既得権益にしがみつく官僚政治家でもない。
国民にあるってことを、知らしめてやろうじゃないか。
政治家共はこんな有様だけどね、諦める必要は微塵もない。
いいかい、国民は連中の奴隷なんかじゃないんだ。
国民が国を動かすのだと言うことを、絶対に忘れないでおくれよ。

Tags:日本と国民が危ない 自信と誇りを取り戻す為に
by mellow_113 | 2009-07-20 10:27 | 気になるニュース

|

« 仕事を放り投げた国会議員共は、国民に給料を返還しろよ。 | トップページ | 国民の厳しい洞察から逃れられない事を、覚悟しな。 »

日本と国民が危ない」カテゴリの記事

気になるニュース」カテゴリの記事